FC2ブログ
身につく英語・中国語学習方法 多読・シャドーイング勉強法
苦痛に感じない、楽しくできる勉強法、多読&シャドーイングを用いた英語・中国語学習方法を紹介
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
語学の学習とシャドーイング
語学の勉強
語学勉強はスポーツと似ており、分かっていても実践ではなかなか使えない。実際に練習することが重要であり、簡単にできる「練習」がシャドーイングとなる。シャドーイングは語学の勉強方法の一つであり、一言で説明すると「英語・中国語を聞いて自分も同じように発音する」ことである。

ここではTVドラマやサウンドノベルなどの楽しくシャドーイングできる素材・勉強法を紹介したい。

シャドーイングについて詳しく書かれている本
(アマゾンへリンクされています)

究極の英語学習法K/H System

中国語シャドーイング入門


スポンサーサイト
サウンドノベルとTVドラマ 英語・中国語学習
サウンドノベルとTVドラマを使った勉強方法では学習効果が大きく異なる。

サウンドノベル
- 会話中心ではなく、周りの描写、心理などの説明が5割以上
TVドラマ
- ほぼ100%会話

サウンドノベルの方が語彙力強化には向いているが、日常でなかなか使う機会がない単語も多く。英語・中国語圏で暮らしていない限り、実際に聞く機会がほとんどない単語も多い。受験時代の単語や大学時代の単語を覚えていないことを考えれば、この種の単語を覚え続けることは簡単でない。たとえば週1、2時間の勉強で維持できる語彙力は限られている。

TVドラマでは会話中心で使う機会の多い単語を習得できる。その反面、出てくる単語量はサウンドノベルに比べ少ない。覚える→すぐ使える→使うから忘れない という循環になりやすい。学習初期であればTVドラマなどを利用し、慣れてきてからサウンドノベルを聴き始めた方がいい。

サウンドノベル 
リスニング(大)・ボキャブラ(中)
TVドラマ 
リスニング(中)・スピーキング(中)・ボキャブラ(小)
という感じ。
Canon wordtank V80 0050B001 電子辞書
テスト
Canon wordtank V80 0050B001 電子辞書

最強の音声学習機能

「中日辞典発音機能」
中国最高峰の放送関係専門大学「北京広播学院」が全面的に監修し、全見出し語(約7万3千語)をネイティブの肉声で発音する。声調変化にも完全対応している。
「人名発音ナビ」
「日本人名を中国語で読んだらどうなる?」という、相原茂先生監修の独自開発コンテンツ。日本人の苗字と名前それぞれ約3,000件について、中国語の発音が聞ける。
「中国語会話発音」
現代中国で話されている会話表現集「中国語会話とっさのひとこと辞典」を搭載。会話見出し文約2,000件を発音する。
「発音比較機能」
自分の発音を録音し、ネイティブの発音と聞き比べができる。画面右側のマイクアイコンを選択するだけの簡単操作。最長1分間の録音が可能。
業界最高解像度でさらに見やすく、使いやすく

「日中英手書き認識」
日本語、中国語の漢字やひらがな、アルファベットも手書き入力で検索できる。
「使って快適なスマートアイコン」
説明画面の右側に表示されるアイコンで、ダイレクト操作が可能。
「すぐ出る発音」
全ての中国語関連コンテンツで、中国語の発音確認ができる。(中日辞典収録の見出し語のみ発音可能)文章中の単語をペンで選択して、発音アイコンをタップするだけの簡単操作。
「中日/日中辞典収録[普通話・簡体字]」
約85,000語も収録した中国語辞書の決定版「中日辞典 第1版」と、約83,000語を収録して連語や敬語表現などを詳しく解説した「日中辞典 第1版」を収録。日中両国による共同編集により、生きた語彙が満載です。日本人にもわかりやすい解説がつき、学習初心者から研究者まで誰もが使用できる1冊。

日本語も充実
日本語環境も大幅に増強。普段使用する日常語から古典に現われる語、また学問・社会・経済などの専門用語まで及ぶ約250,000項目を収録した「スーパー大辞林」(逆引き機能付)を収録。漢和辞典は、業界最多の13,112字の「改訂新版 漢字源」を収録。

中⇔英も実現
業界初の「オックスフォード英中/中英辞典」を収録。英語で中国語単語の意味を知りたいとき、またその逆の状況で活躍する。
商品紹介
中国最高峰の放送関係専門大学「北京広播学院」が全面的に監修し、全見出し語(約7万3千語)をネイティブの肉声で発音します。声調変化にも完全対応してます。現代中国で話されている会話表現集「中国語会話とっさひとこと辞典」を搭載しました。
中国語学習 シャドーイング
発音が難しいとされる中国語ではシャドーイングを使った学習が非常に重要だと感じる。表音文字の英語と異なり、表意文字の中国語では本の音読では間違ったまま覚え続ける危険性がある。

特に中国語は4声を間違えると意味が通じなく、4声を思い出しながら話しても正確な発音にならない。頭に叩き込み反射的に使えるようにするにはシャドーイングが非常に効果的。

感情移入しながら冬ソナ(中国語吹替えモノ)などのTVドラマ見てコンテンツシャドーイングをすると、反射的に話せるようになる。内容も面白く、使われている単語も比較的簡単で繰り返し出てくるため覚えやすい。







copyright © 2005 身につく英語・中国語学習方法 多読・シャドーイング勉強法 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。