FC2ブログ
身につく英語・中国語学習方法 多読・シャドーイング勉強法
苦痛に感じない、楽しくできる勉強法、多読&シャドーイングを用いた英語・中国語学習方法を紹介
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サウンドノベルとTVドラマ 英語・中国語学習
サウンドノベルとTVドラマを使った勉強方法では学習効果が大きく異なる。

サウンドノベル
- 会話中心ではなく、周りの描写、心理などの説明が5割以上
TVドラマ
- ほぼ100%会話

サウンドノベルの方が語彙力強化には向いているが、日常でなかなか使う機会がない単語も多く。英語・中国語圏で暮らしていない限り、実際に聞く機会がほとんどない単語も多い。受験時代の単語や大学時代の単語を覚えていないことを考えれば、この種の単語を覚え続けることは簡単でない。たとえば週1、2時間の勉強で維持できる語彙力は限られている。

TVドラマでは会話中心で使う機会の多い単語を習得できる。その反面、出てくる単語量はサウンドノベルに比べ少ない。覚える→すぐ使える→使うから忘れない という循環になりやすい。学習初期であればTVドラマなどを利用し、慣れてきてからサウンドノベルを聴き始めた方がいい。

サウンドノベル 
リスニング(大)・ボキャブラ(中)
TVドラマ 
リスニング(中)・スピーキング(中)・ボキャブラ(小)
という感じ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 身につく英語・中国語学習方法 多読・シャドーイング勉強法 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。