FC2ブログ
身につく英語・中国語学習方法 多読・シャドーイング勉強法
苦痛に感じない、楽しくできる勉強法、多読&シャドーイングを用いた英語・中国語学習方法を紹介
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
勉強日記 7 - 中国語学習 頭文字D 周杰倫 Jay
勉強日記 7 - 中国語学習 頭文字D 周杰倫 Jay

D

(写真は香港)

普通話配音、繁体字字幕の頭文字D(電影)を見に行った。時間帯も悪く中高生が多くてまいった・・・。周杰倫(Jay)や原作の漫画ファンが多く、かなり浮いていた気がする。ダウンヒルや峠などの中文訳・表現は見ていてさむい気持ちになる。韓国ドラマでもそうだが中文にすると尊敬語(韓国語)などがすべて削除されるため、雰囲気が違うらしい。

香港映画の普通話配音で勉強してもいいけれでも、映画の場合すぐに見終わるので続かない。その点、韓ドラは20時間以上のものが多く、見だすと止まらないため、必然的に勉強時間(?)も長くなる。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
頭文字D『頭文字D』(イニシャル・ディー / 英語表記: Initial D) は、しげの秀一による漫画作品、またそれを原作にしたテレビアニメを指す。公道において自動車を高速で走行させることを目的とする走り屋の若者たちを描いた作品である。1995年の半ばから、「週刊ヤングマ
2007/09/13(木) 15:11:33 | アニメ・マンガ 集まる!
copyright © 2005 身につく英語・中国語学習方法 多読・シャドーイング勉強法 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。