FC2ブログ
身につく英語・中国語学習方法 多読・シャドーイング勉強法
苦痛に感じない、楽しくできる勉強法、多読&シャドーイングを用いた英語・中国語学習方法を紹介
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
This Time It's Personal - 英語多読・シャドーイング発音練習
This Time It's Personal: Level 6 (Cambridge English Readers)
単語制限 英語学習用

ts.jpg

This Time It's Personal: Level 6 (Cambridge English Readers)
b2s.jpg

カセットテープ

難易度 ★★★★☆
楽しさ ★★★☆☆
役立ち度 ★★★★★

高校で習った英単語+500語程度の単語のみを使用した探偵小説。
(Cambridge Level 6 3800 wordsシリーズ)

私見
Cambridgeで同じ探偵シリーズが何冊か出ているので(短編集)、続けて読むことができる。探偵モノでテンポがいい為、読みだすと止まらなくなる。カセットのためMP3プレイヤーに落とすのが面倒。いい加減CDにしてほしい。

勉強方法
テープを使い、サウンドノベルとして楽しむ。先に全部聞いてしまうと後で本を読むのが面倒になるため、チャプターごとに本を読み、分らない単語を調べた方がいい。レベル的に無理がなければシャドーイングを行うと効果的。単純な文章構成で簡単な単語でも聴いてすぐに声に出して言うことができない。慣れていないためであり、声に出して言うことで文章構成を頭に叩き込み、慣らす。MP3プレイヤー当然、スピード調整できるタイプを準備する。

学習目的
リスニング力アップ。見て分る文章でも聞いて理解できないのは、発音と単語を結びつける脳内作業が遅いことと、正しい発音を知らないからである。大部分は前者であり、自らシャドーイングで発音することで単語と発音を脳内リンクさせる。また多読・多聴はTOEIC対策にも有効。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 身につく英語・中国語学習方法 多読・シャドーイング勉強法 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。